カテゴリー別アーカイブ: ハーレクイン

恋するクイーン(ミニシリーズ)

恋するクイーン
2016年7月22日発売!

■作品紹介■
原作/ジェイン・ポーターさんのミニシリーズで
1作目「別れは朝まで待って」を私、小林博美が
2作目「シークの拒絶」を藤田和子先生が描き
月二回刊のハーレクインに2号連続で掲載されました
今回、その2作品が一冊の本として出版されることになりました
登場人物がリンクする作品をどうやって仕上げたのか
苦労話や制作裏話がQ&A形式のインタビュー記事としても
載っているお得な1冊です!

■それぞれの作品の内容■※公式HPより引用

「別れは朝まで待って」
いくら姿を彼女に似せても、王子様には愛されない――
アメリカ人秘書のハンナは、瓜ふたつの小国の王女エメリーヌに懇願され、2時間だけお互いの立場を入れ替えることに同意した。こんなに頼んでいるのだもの、きっと何か事情があるんだわ。それにたった数時間の約束だもの…。だが、ハンナの想いとは裏腹に、何日経ってもエメリーヌは戻ってこない。ついにハンナはプリンセスになりすましたまま、王女の婚約者ラグヴァ国王ゼイルと会うことになってしまい…!?

「シークの拒絶」
ブラバンド国の王女エメリーヌは、自分と瓜ふたつの女性ハンナに数時間だけ入れ替わることをもちかけた。目的は恋人アレハンドロにある責任を取ってもらうため。しかしナイトクラブで出会えた彼に冷酷な仕打ちをうけ、傷つくエメリーヌに声をかけたのは、ハンナのボス、マキンだった。カダール国のシークである彼に、王女である私の正体を知られてはいけない――。彼は不機嫌な表情のまま鋭いまなざしでエメリーヌを見つめ、腕をとり強引に店からつれ去った…。

■作者のコメント■
2013年雑誌「ハーレクイン15号16号」に掲載されました。
藤田和子先生との連作ということで緊張しつつも
楽しく描かせていただきました!
Q&Aには制作時の裏話が満載です!
一度読んでくださってるあなたも、もう一度じっくりと
そして裏話も読みつつ、このときはそんなことが?と
作品を見ながら楽しんでいただけたら幸いです。

■amazon(発売中)
恋するクイーン

[kindle]

気高き愛人

harlequin-05(原作/ジャクリーン・バード)
■作品紹介■
母親のため父親のオフィスを訪ねたサリーは偶然居合わせたザック・デルッカを紹介される。彼は冷血な手腕で知られるイタリアの若き買収王だった。あからさまな誘惑の視線を隠そうともしないザック。後日、彼とのディナーで衝撃の事実を知らされることに。脅迫されたサリーの父親は、なんと娘をザックに売ってしまったのだ!!

■作者のコメント■
2012年雑誌「ハーレクイン17号」に掲載されました。ひどい父親を持つと娘は苦労します(笑)しかしヒロインはどんな状況に陥っても凛として自分の足で立ち、ヒーローが見惚れるほど魅力的なのです。傲慢ヒーローは計2回もビンタをくらい、最後にはヒロインから衝撃のセリフを言い放たれるのですが、描いていて本当に楽しかったです(笑)ぜひ読んでいただきたいです。きっとスカッとすると思います!
電子コミック配信もされています。

 

■amazon
気高き愛人(ハーレクインコミックス・キララ)

[kindle]

気高き愛人 (ハーレクインコミックス)

愛を禁じた理由

hq-aiwokinjita(原作/アマンダ・ブラウニング)
■作品紹介■
かつて犯した罪への贖罪のため、ひっそりと生きる秘書のエイミ。ところが仕事で訪れた大邸宅で出会ったジョナス・バークリーとはなぜか一瞬で惹かれ合ってしまう。まるでエイミのすべてを見透かしてしまうような彼の瞳。世界的グループ企業を束ねる若きエリートからの野性味あふれる誘いにエイミは久々のときめきを感じてしまう。ジョナスの魅力に惹かれながらも、自分を必死で抑えるエイミ
私には幸せになる権利なんかない・・・!

■作者のコメント■
2012年雑誌「ハーレクイン04号」に掲載されました。
自責の念に駆られ、ずっと自分を抑えてきたエイミですがなんとしても幸せになってほしいと思って描いたあとがきも見ていただけたら嬉しいです。
電子コミック配信もされています。

■amazon
愛を禁じた理由 (ハーレクインコミックス・キララ)
[kindle]
愛を禁じた理由 (ハーレクインコミックス)

憎しみの代償

harlequin-03(原作/リン・グレアム)
■作品紹介■
妹を亡くし悲しみにくれるセアラの前に現れたのは 世界的な実業家アレックスだった。
彼は心臓の弱かった妹の妊娠を知りながら残酷な仕打ちをし、今度は、妹が命と引き換えに産んだ子供まで取り上げようというのだ。
絶対に彼の思い通りにはさせない、
一矢報いるためなら なんだってするわ・・・!
突きつけた突拍子もない条件にアレックスは?

■作者のコメント■
雑誌「月刊ハーレクイン」2011年9月号に掲載されました。
家族に翻弄される物語は多いのですがこれもそのひとつです。
お互いに信じているものは譲れない、そしてすれ違い・・・
突っぱねていたのに惹かれ合い、嫉妬する
そんなふたりの心情を読んでいただけたら幸いです。
電子コミック配信もされています。

■amazon [kindle]
憎しみの代償 (ハーレクインコミックス)

モンテカルロの愛人

harlequin-02(原作/アビー・グリーン)
■作品紹介■
継父の葬儀のあと、墓地でマギーは二度と会いたくない相手
ケイレブと会う。継父を追い詰め、破滅に追いやった世界的実業家だ。
彼は半年前のあの夜を忘れていない・・・
私に復讐するためにやってきたんだわ。
何もかも奪うと宣言するケイレブに凍りつくマギーだが・・・?

■作者のコメント■
雑誌「月刊ハーレクイン」2011年4月号に掲載されました。
ヒロインのけなげさと、ヒーローの勘違いで進む物語。
必ずハッピーエンドになるとわかっていても、原作を読んだ時はハラハラしましたが、描いてるときは
真実を知ったヒーローの後悔っぷりが楽しくて(笑)
描きがいのあった作品です(*´∀`*)
電子コミック配信もされています。

■amazon [kindle]
モンテカルロの愛人 (ハーレクインコミックス)

伝説の恋人

harlequin-01(原作/リン・グレアム)
■作品紹介■
ギリシアの海運王、冷酷な敏腕経営者ギャニス・ペトラコスに派遣社員のマディは密かな憧れを抱いていた。
なぜなら、彼は私のヒーロー、初恋の人だったから・・・
だが、肝心な場面でマディは大失敗を犯ししてまい彼の逆鱗に触れてしまう。
謝罪のために彼の部屋を訪れたマディだったがそこで予想もしなかった展開に・・・

■作者のコメント■
雑誌「月刊ハーレクイン」2010年10月号に掲載されました。
ハーレクイン社さんでは、初めて描いた作品です。
リン・グレアムさんの原作も初めてでした。
ちょっと緊張しながら、一生懸命描いた作品です。
電子コミック配信もされています。
よろしかったらぜひ御覧くださいm(_ _)m

■amazon [kindle]
伝説の恋人 (ハーレクインコミックス)